重症心身障害児の大きな課題の一つに、15歳以上になった途端にもう小児科では診れないとバッサリ小児科の先生に切られてしまうケースが後を絶たないことがあげられる。決して内科と連携しているわけでもなく、大きな病院だと「電子カルテがあるから見れるだろ?」ってことかな?
 私の担当している子で丁度15歳の高校1年生がいるが、その子が 最近、気管支喘息になり緊急入院になった。いつものように慣れ親しんだ小児科にかけつけたら、「15歳だから内科に行って!」とあっさり言われ、母はそこで粘ったけれど結局内科のプライマリーへ入院。そして、内科の先生や看護師さんから言われたのは、「自分たちは、わからないので色々教えてください!」
重症心身障害児だから、緊張が強かったり、体温調整ができなかったり、てんかん発作があったり、側弯があったり、股関節が脱臼してたり、嚥下が悪かったりetc
 どう扱っていいのかわからずにいる先生たちに唖然とする母。
今の医療は、専門分野が細分化しすぎて、小児科の中でも、重心の子達は、呼吸器、神経、小児外科、耳鼻科他、様々な科受診しなければならない。
お役所仕事と一緒で、横の連携が取れなさすぎ。この現象を厚労省は、どう見ているのかな?

重心の相談員が付いているケースは、医者のコーディネートもしていかなければならない。この15歳の壁は、重心児童を持つ親たちにとっては、大きな問題である。
私は、開き直って在宅の先生が診れるように一緒に勉強していきましょうと、それまでの主治医の先生にお願いして、連携の繋ぎをしていっている。

お願いだから、このシステムをなんとか医療関係者で作り上げてほしい。